カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
決済アイコン

ルンバの修理対応FAQ


ルンバ修理FAQ


Q1.修理代金はどれぐらいかかるものでしょうか?
A1.当店で購入されたお客様で保証期間外の場合、技術料は、時間500円
   当店以外で購入されたお客様への技術料は、時間1000円 となります。
   作業内容としては、故障箇所の特定⇒不具合部位のユニット交換
   ⇒修理後の試運転⇒故障レポートの作成
   が通常フローとなります。
   モータ、センサ関係の不具合の場合は上記フローで2時間程度となります。
   不具合がたまにしか起きない場合には調査に時間を要しますので修理依頼
   時に不具合の起きる条件を連絡願います。
   上記、修理時に交換するパーツについては実費で請求いたします。
   代表的なパーツのユニット価格は以下の通りです。

      

   一番高価なマザーボードの交換の場合には、技術料1,000円+パーツ10,000円
   合計11,000円となります。
   ※1.当店以外で購入された場合には技術料2,000円となります。
   ※2.往復の送料についても実費となります。

   大手電気店で実施している5年保証についても地方での出張修理費用、送料は実費
   また、落下、水濡れ等による故障、機能上支障ない外観的不具合、消耗品(バッテリ、
   モータ等については保証外となっているので5年保証があるとしても実際には修理代金
   がかかります。
   修理パーツ、技術料を明確にして修理後の高額な請求でお客様とトラブルになら
   ないように努めております。


Q2.ルンバって壊れやすいものですか?
A2.マザーボードはめったに壊れるものではなく、センサ、モータ、ギアユニット類の稼動
   部分が主な不具合となります。
   また、お客様が定期的にルンバを裏返してブラシ、吸引部周りの清掃をしていただく
   ことによりセンサ部へのゴミ付着による不具合や異物巻き込みによるモータへの
   過負荷を防止でき故障もおきにくい
と思います。
   但し、ルンバは椅子程度は簡単に移動させる程度の力を持っていますので不安定
   な台の上に乗せてある花瓶などがルンバの上に落ちて壊れてしまうこともあります
   のでその様な箇所を無くすか、バーチャルウォールを用いてルンバの進入を避ける
   などの対応をお願いします。
   またサイドブラシが旧型6本ブラシの場合に折れやすいクレームが多かったのか
   現状のルンバは3本ブラシに変わっております。

   ルンバの弱点としては、メインブラシ部の回転軸周りが樹脂製の為、ルンバの稼動
   時間につれて回転軸の隙間が広がってしまいメインブラシが壊れてしまいます。
   特に、ペットを飼っている部屋での清掃には、ルンバは最適な掃除機ですがペットの
   毛がメインブラシデッキの回転軸から入り込むとギアボックス内に毛が巻き込まれて
   メインブラシが動かなくなってしまうことが良くあるようです。

   
    削れてしまった、メインブラシ部分

   
    隙間からゴミがギアケース内に巻き込んだ状態



Q3.修理はどこで行うのですか?
A3.当ショップで保守パーツも準備しており当ショップ内で責任を持って行います。
   ルンバの各パーツを固定しているネジはプラスチックへのタッピングネジとなります。
   トルク調整機能のある工業用ドライバ(HIOS ドライバ)で作業を行います。
   静電気対策としては、作業エリアはイオンブロア、導電マット、アースバンド装着での
   作業となり、修理によりルンバへのダメージを与えない修理作業方法となります。

   ☆Bright Arrowの修理に対するこだわり
   依頼されたお客様の使用状態に合わせて修理を行います。
   ルンバ修理は、基本的に壊れた部品を取り替えれば元に戻ります。
   しかし、ペットを飼っているお宅での使用状態であれば直ぐに同じ症状で壊れてしまう
   可能性が高く、その都度修理を行っていては修理代だけかさんでルンバへの愛着も
   薄れてしまいます。

   メインブラシ関係の修理では壊れやすい樹脂回転部分3箇所(メインブラシ、フレキブラシ
   、モータ)をメタルベアリングに交換して壊れにくくする対応を行っております。
   メインブラシが回転しなくなりモータまで破損している場合にはユニット交換+メタルベア
   リング加工となりますが、モータ関係が壊れていなければメインブラシユニットを交換する
   よりも安価で修理ができます。
   
    メタルベアリング加工後のメインブラシ回転部

   ルンバ530の修理でマザーボード交換が必要な場合には、すこしパンダっぽい顔になりますがルンバ561の
   マザーボード交換をお勧めします。
   上位機種の機能であるスケジュールが設定できるようになり、日本語も話すようになります。
     パンダ顔に変身したルンバ530    



ルンバ

ページトップへ